では、前回の続きです。

『コミュ力や自信が不足している系』

のNG例と改善例の
残り5つを紹介します。

 

会話音声と画像付きの動画でご覧ください

 
 

6.目を合わせて話せない

 

これは自信がないと
仕方がない部分もあるので、

しっかり学んで、成功体験を重ねて、
徐々に自信をつけていきましょう。

 

■NG例(下を見ながら話す場合)

男「あ、僕すごい人見知りで^^;」

女「あ、そうなんですね^^;」

男「でもなんか、すごい平気そうで羨ましいです^^;」

女「あ~全然そんな事はないですよ^^;」

男「ほんとですか?え、初対面とか緊張します?」

女「まぁ普通にしますよね^^;」

 

このNG例では、

女性が上、男性が下という
感じになってしまったかなと思います。

 

男「僕人見知りで」
男「緊張してやばいです」

などから会話を始めるのは
問題はないのですが、

そのときに相手の目を見て言わないと
格下に見えちゃうかなと思います。

 

■改善例(相手の目を見て話す場合)

男「あ、僕すごい人見知りで(笑)」

女「え~見えないですね(笑)」

男「いや~もう完全に。てかすごい平気そうで羨ましいです(笑)」

女「いや、全然平気じゃないですよ!」

男「ほんとですか?え、初対面とか緊張します?」

女「しますよ~!」

男「今も?」

女「してますね^^;」

男「どれどれ?・・・嘘でしょ?(笑)」

女「ちょ、やめてくださいよ(笑)」

男「すいませんでした(笑)」

女「ていうか全然人見知りじゃないですよね!」

男「いやいやいやいや(笑)」

 

この場合は、

男性の方が上というのが
感じられたかなと思います。

 

7.本気のMキャラを出す

 

自分の事をMと言うのは、
ネタとして使う分にはよいですが、

本気のMキャラ感を出してしまうと
格が下がります。

 

■NG例

男「あ、そういう事するんだ?」

女「ふふふ」

男「でもそういう事されると、もっとやってほしくなるよね^^;」

女「何~キモい(笑)」

男「うん、ドMだから、俺(笑)」

女「まじ~(笑)」

男「蹴られれば蹴られるほど、興奮する^^;」

女「うわ~(笑)」

 

言い方次第のところもありますし、
女性は笑ってるかもしれませんが、

完全なMキャラになってしまうと、友達
以上にはなれないかな、という感じです。

 

■改善例

男「あ、そういう事するんだ?」

女「ふふふ」

男「そういう事やってもいいけど、やった分だけ俺喜ぶからね?」

女「喜ぶんかい(笑)」

男「そう、SかMで言ったら、ドMだから(笑)」

女「あはは(笑)じゃあちょっと叩いていい?」

男「いいよ?やってみ?」

女「ペシッ」

男「気持ちい。もしあと3回叩いたら、チューしちゃうからね、足に(笑)」

 

口ではMと言っても、

態度はSっぽくする感じが
いいかなと思います。

 

8.自分に芯がない

 

■NG例(社食にて)

女「私今日は定食にしよ~」

男「あ、じゃあ俺もそうしようかな」

女「あ、やっぱカツ丼がいいや」

男「あ、そうなんだ。え~どうしよ~」

 

■改善例

女「私今日は定食にしよ~」

男「まじ?俺も今日は定食の気分だった(笑)」

女「そうなんだ(笑)あ、でもやっぱカツ丼にする」

男「どうしたの?疲れてるの?」

女「ん~、そうでもない(笑)」

男「え、もしかしてただの食いしん坊ってやつ?(笑)」

 

物事を自分の意志で決めるという事は、

自分が選択の責任を取るという事になり、
これが出来ないと格が下がります。

 

■NG例

店「飲み放題はおつけしますか?」

男「あ、どうしよう。飲む?」

女「え~、どうだろ~」

男「どうするどうする?」

店「・・・」

 

■改善例

店「飲み放題はおつけしますか?」

男「あ、どうしよう。10杯くらい飲む?」

女「そんなに飲まないよ!(笑)」

男「つけてください(笑)」

店「かしこまりました^^」

 

こんなときは明るく即決がオススメです。

仮に単品で頼んだ方が結果的に
安いかもしれなくても僅かな額ですし、

気兼ねなく飲めるメリットがあります。

 

ここで、飲みながら金額を計算したり、

もったいないからという理由で
お酒を無理にすすめると格が下がるので、

そんな事をしている暇があったら、

目の前の女性を楽しませることに
神経を使いましょう!

 
 

9.逃げ道を作る目的で謙遜する

 

例えば、女性をがっかりさせたときの
マイナスギャップを緩和するために、

男「(自分はダメなやつです)」

と予め過度に謙遜をしてしまうと、
格が下がってしまいます。

 

■NG例

女「飲むの早いですね(笑)」

男「あ、すいません、緊張しちゃってて(笑)」

女「あ、そうなんですね^^;」

男「元々あがり症っていうか、相手の目とか見れないし、も、もうお酒に逃げるしかないかな~みたいな^^;」

女「あ・・・^^;」

男「何で変な事言っちゃうかもしれないけど気にしないでください^^;」

女「わかりました^^;」

 

■改善例

女「飲むの早いですね(笑)」

男「え?・・・ほんとだ、もうない!」

女「あははは(笑)え、それは天然?」

男「ネタですね(笑)」

女「あははは、ネタなんだ(笑)」

男「そう(笑)緊張により、お酒も進んじゃって(笑)」

女「なるほど(笑)」

男「なんていうかね、元々あがり症っていうか、」

女「え~、嘘っぽい(笑)」

男「ほんと。今でも、相手の目とか絶対見れないし、話すときに、」

女「めっちゃ見てるじゃないですか(笑)」

 
 

10.女性の趣味に合わせる

 

気に入られたいがために、

女性が好きな曲や漫画などの趣味に自分も
頑張って合わせると格が下がります。

 

■NG例(カラオケにて)

男「いつも何歌ってるの?」

女「あ、私は主にジャニーズ(笑)」

男「そうなんだ(笑)え~、俺ジャニーズなんも歌えないな~」

女「好きなの歌いなよ~^^;」

男「え~どうしよう~。先歌っていいよ(笑)」

女「わかった^^;」

男「今度ジャニーズ覚えてくるから^^;」

 

■改善例

女「あ、私は主にジャニーズ(笑)」

男「まじ?ブサイクとイケメンだったらどっちが好き?」

女「え、イケメン」

男「だよね」

女「何歌うの?(笑)」

男「くっそ~じゃあいいよ、俺がアニソンでジャニーズをかき消すから」

女「あはは、やれるもんなら」

男「出来ないと思ってるでしょ?」

女「うん」

男「俺も思ってる(笑)」

女「あはは(笑)」

 

以上、

『コミュ力や自信が不足している系』

の例でした。

改善例は人によってはちょっと難しいので
そのうち出来ればいいと思いますが、

それよりもNGをなるべく
やらないように頑張ってみてください。

 

では次回は、引き続き

『アクションがマイナス系』

の例をお伝えします。
ご視聴ありがとうございました!