では、前回の続きです。

アンケートでよく寄せられる
会話のお悩みの

6~13を回答していきます。

 

会話音声と画像付きの動画でご覧ください

 
 

よくあるお悩み6.何も感想がない

 

例えば女性の話を聞いても、

男「(へぇ~)」

で終わってしまい、何も感想がないので
会話が広がっていかない感じです。

 

では、あなたが大好きな話題でも
全く同じでしょうか?

ゲームやアニメなど何でもいいので、
一番好きな事を想像してみてください。

たぶん、あの部分が好きとか、
ここが辛いとか出てくると思います。

 

つまり、感受性や想像力そのものが

【低い】

というよりは、感じたり想像したり
する為の元ネタが少ない、

というのが理由の一つとして
あげられるかなと思います。

 

もちろん、全く興味のない事を
全部好きになる必要はありませんが、

なるべく色々な分野の知識を得ることで、

 

例えばですが、

男「◯◯で言うところの△△だ」

のように繋がりが生まれたり、
想像がしやすくなりますよね。

つまりそれが、相手の話への
興味関心を生んでいく、という事です。

 

ついでに言えば、笑いに関しても
同じことが言えます。

例えば、日本人には全くウケない
アメリカンジョークがあったとしたら、

それは、日本人にはわからない事情が
元ネタになっているからという感じです。

 

日本のお笑いでも、

世代によるウケるウケないの違いは
知識や経験の違いがあるからですし、

たくさんのユーモアを知っているほど
ネタを楽しめる、という感じです。

 

ちなみに、
『感想がない』という事えすが、

感想自体はぼんやりとあるけど言葉に
出来ないのが問題だと思われる場合は、

表現力の不足が原因なのでフレーズを
たくさん勉強してみてください。

 

あるいは、知識や経験は少なくないのに
感想がでない、という場合ですが、

会話の内容を左脳で情報として
処理している可能性が高いので、

右脳で映像化しながら、
表情や感情も想像しながら小説を読む
などの訓練をしてみてください。

 
 

よくあるお悩み7.会話が好きじゃない

 

そもそも会話が楽しくない、
というお悩みをたまにいただきます。

 

もしかしたら、

偶然、話していて楽しくない人とばかり
接してきたのかもしれませんが、

仮にご自身に原因があるとするなら、
先程の知識経験と同じかなと思います。

 

あとは、例えばアニメやドラマで、

最初は面白くないけど途中から
だんだんハマッていった、の様に、

背景がいろいろわかることで
楽しいと思えるようになったり、

 

部活を適当に選んだけど
続けているうちに好きになるなど、

継続をすることが、好きという感情を
生むことが多々あります。

 

なので、もし会話を楽しみたいと
本気で悩んでいる感じであれば、

会話テクニックの研究などを
趣味でやってみるといいかもしれません。

 

尚、良い会話を意識しているがゆえに、

男「(この人共感してくれないな)」

などと感じてつまらなくなるパターンも
あると思います。

 

こういう場合はもっと気の合う人と
付き合えればいいと思いますが、

誰に対しても
思ってしまうようであれば、

もしかしたらあなたが成長過程
だからかもしれません。

 

つまり、

自分は出来るように意識してるからこそ、
相手が出来ないと気になる感じです。

 

そんなときは、もっともっと学んで
高みを目指してみてください。

漠然とイメージしてほしいのですが、

実力のある凄~い人になると、
小さな事って気にしない感じですよね。

 

それは、自信や余裕を持っていたり、
自分の承認欲求が満たされていることで、

他人の良い面に目を向けられたり、
短所に寛容になれるからだと思います。

そこを目指すといいかなという感じです。

 
 

よくあるお悩み8.会話が表面的

 

例えば、嫌われたくなくて、
当たり障りない発言しか出来なかったり、

真面目な性格で表面的な
会話しか出来ない感じです。

 

このお悩みを持つ方は、ひとまずそれを
ご自身の長所だと認めてあげた上で、

【格】

を高める事を目標にしてみてください。

 

いじるなど、リスクのある
発言をしなくても、

格というのは高めることが出来ます。

 

そうすると、ちょっと嫌な
表現になってしまいますが、

“どっちが媚を売っている側か?”

みたいな感じになります。

 

ここで、あなたが売られる側になると、

冗談とかを言っても
大丈夫な空気が出来上がるのですが、

そもそも冗談を言わなくても
コミュニケーションがうまくいきます。

 

というか、それ以前に、

引き出しが増えて会話力が
すごく高まってくると、

この悩みは消えていくと思います。

 

逆を言えば、多くの場合引き出しが
足りないのが原因かと思うのですが、

会話力が高いのに当たり障りのない
ことしか言えない性格というのであれば、

改善するというよりは、あなたの武器と
して逆にもっと磨けばいいと思います。

 

例えば、絶対に人を
不快にさせないようなユーモアを選び、

フォローの達人とか、
ゆるいけど面白いキャラになる等です。

 
 

よくあるお悩み9.複数人が苦手

 

これも結局は会話力が高まって
自信がつけば改善していきますが、

もし、

“自分もみんなと同じ様に話さなきゃいけない”

というようなプレッシャーを
感じてしまっているのであれば、

それは捨ててしまっていいと思います。

 

誰にでも性格というのがあるので、

話し手として会話をぐるぐる
回すのが得意な人もいれば、

聞き手に回る方が合っている人もいます。

 

大事なのは、話し手だから
モテるとかではないということです。

どんなタイプの人でも、長所を武器にし、
短所を自分で受け入れてキャラを作ると、

人付き合いは相性で
上手くいくようになっていきます。

 

この相性を出来るだけ広げる方向で
力をつけていくイメージなのですが、

やりたくもない事や自分に向いていない
事にとらわれすぎてキャラがグラつくと、

無理してコミュニケーションを取る事に
なり、より苦しくなってしまいます。

 

なので、まずは自分の持ち味を
しっかりと確認し、認めてから、

それを活かすように人と接しつつ、
不足を補うように学んでみてください。

そうすると、気持ちも
楽になるかなと思います。

 

それ以外の、

話したいけど話せない等の
会話力に起因する問題があるなら、

QA学習を頑張ってください。

 
 

よくあるお悩み10.好きな女性への対応

 

意中の人と仲良くなれない、
というお悩みです。

これができれば最高ですけど、
なかなかうまくいかないですよね^^;

 

会話に関しては過去動画を
ご覧いただければいいと思うので、

全体的な事をお話します。

 

まず持っていただきたいのが、

“あなたがその女性を口説けるレベルに達しているか?”

という視点です。

 

この時点でNOであれば、

裏技や心理テクニックみたいなのを
試してもおそらく痛い目を見るので、

レベルそのものを
上げるようにしましょう。

 

一方、レベルが達していても、

追いかけてしまうと格や警戒心の関係で
うまくいかなくなってしまいます。

 

これに関しては、とにかく学んで
リスク回避のスキルを高めるか、

他の女性もターゲットに入れるなど、

環境で気持ちと行動を制御するしか
ないかなという感じです。

 

また、恋愛経験がないという人は、

実務レベル1から現場に
入れられるようなもので、

どうしても知識やスキルだけでは
補えない部分があります。

 

なので、とにかく

“人として好かれる”

というキャラを目指すことを
おすすめします。

 

異性として口説くには経験が
足りずに空回りになるので、

人として好かれるようにして、
相性でのマッチングを狙う感じです。

人生の事を考えると、その方が自分の
幸せや成功につながっていくと思います。

 

ただし、口説きたい女性が
自分でもいけそうなレベルなら、

変な小細工はせずに堂々と
口説いてみる分にはいいと思います。

ここで変な小細工をすると、使いこなせず
失敗の可能性が高まりそうな気がします。

 

尚、一般の恋愛は総合力と
相性でほとんど決まるので、

出来ないことがあっても
他の部分で補えれば大丈夫ですし、

逆に、とあるテクニックだけでうまく
行く事は絶対にないので注意しましょう。

 

また、総合力は加点だけでなく
減点がないかというのも大事になります。

というか、むしろ減点をなくすだけで
相性での恋愛が出来るようになるので、

そこまでくれば、出会いの数に応じて
ヒットが出てくるという感じです。

 

意中の人を諦める必要はありませんが、

経験の浅い人は特に、まずそこを
目指してみるといいかと思います。

 

その様にしてレベルアップしたり、
成功体験で自信をまとって、

その勢いで意中の人に挑戦してみると
余裕等から格上感が滲み出てくるので、

成功率が高まると思います。

 
 

よくあるお悩み11.おとなしい相手の対応

 

どうやったらおとなしい子が
心を開いてくれるか、

という感じのお悩みです。

 

この場合の対応としてオススメなのが、

“テンション合わせ+全肯定”

です。

 

変に盛り上げようとしたり、
無理にいじったりせずに、

静寂が心地よくなるほどに
テンションを合わつつ、

完全に相手の味方の立場に立つ感じです。

 

こんな感じです。

男「・・・元気?」

女「・・・はい(笑)」

男「・・・俺も(笑)」

女「あはは(笑)」

男「・・・馬刺し食べたくない?」

女「食べたい(笑)」

男「食べたいよね(笑)」

 

相手の性格によっては、

頑張って話すことが
逆効果になったりするので、

相手が感じる居心地を意識しながら
話してみましょう。

 
 

よくあるお悩み12.フレーズで失敗する

 

僕のYouTubeを見て
学んでいただけて嬉しいのですが、

フレーズ学習を始めたての頃って、

どうしても覚えたフレーズを
使おう使おうとしてしまうと思います。

 

でも、それをやると、

自分のキャラや相手の性格、あるいは
会話の流れに合わないフレーズを、

無理やり言おうとして
不自然になり失敗してしまいます。

 

フレーズや会話テンプレというのは、

あくまで潜在意識への引き出しを
増やすつもりで全力でトレーニングし、

本番は、自然に話せない部分はもう
諦めるくらいの気持ちで臨むと楽です。

そもそも、それが実力だからです。

 

ただ、自己アピールや
話題の展開のストックなど、

“今日はこれを話そう”

と、明確に使う目的があるのは
もちろん使うつもりで準備しましょう。

 
 

よくあるお悩み13.効率の良い学び方

 

お悩みと言うより、モチベーションが
高い方からよくいただく質問ですが、

答えとしては、
次の3つを同時進行してください。

 

1.狭く深くアウトプットする
2.広く浅くアウトプットする
3.常にインプットし、視野を広げる

 

一つ一つのスキルを
無意識レベルまで習得するために、

狭く深く確実なアウトプットが
非常に重要なのですが、

可能であれば、広く浅くも同時に
進めた方が効率はよいかなと思います。

 

例えばざっくりですが、覚えたいものが
10個あったとしたら、最初の1ヶ月は

1+1、1+2、1+3・・・1+10
と、10日間ワンセットを計3セットやり、

翌月に、
2+1、2+2、2+3・・・2+10
をまた3セットやり、という感じです。

 

というのは、一度習得しても
使わないと徐々に忘れてしまうのと、

まだ習得していないスキルでも、
しっかり忘れた頃に復習すると、

少し覚えている頃に復習するのに比べて
記憶に定着しやすく効率がよいからです。

 

また、インプットのみでは理想と現実の
ギャップに苦しむとお伝えしましたが、

その様な症状が出ていない方は
出来るだけインプットはしてください。

じゃないと、引き出しが増えても適切に
使えない事が多くなるからです。

 

また、インプットを続けると、

視野が広がるだけでなく、同じ事柄でも
違う視点から学べたりするので、

新しい気付きが得られたり、知識がより
確実なものになっていくからです。

 

アウトプットは体力が必要ですが、

インプットは知識欲も手伝い
非常に楽に出来るので、

疲れたときにやるといいと思います。

 

では、今回は以上となります。
ご視聴ありがとうございました!